いざという時用の現金を金庫に保管しています

近年、日本をはじめとして世界中で様々な災害が頻発しています。地震や津波、その他豪雨災害などは時と場所を選ばずに襲ってくるものだと私は思っています。
そんな「もしも」や「いざ」という時のために、私は実はソレ用の現金を金庫に保管して手元に置いているのです。

実は私は今から数十年前、関西地方で起こった大地震の被災経験者なのです。当時、災害発生直後はどこも混乱していて、銀行などもATMが使えずにお金が引き出せず、私の母はとても苦労していたのを覚えています。

私の住んでいた地区があまり性質が良くないお店が多かったのかどうかは今でも不明ですが、地震発生直後は日常的な食料品も数倍に値上がりしてしまい、手に入れることが難しくなったのです。
そして、間が悪いことに災害発生のタイミングで、私の母のお財布には現金が残っておらず、また銀行に行ってもシステムが止まっていてお金が引き出せない状況が続きました。

私は自分が母親になった現在、自分が経験したあの辛さは、我が子には味あわせたくありません。現代があの大地震発生時よりもはるかに高度情報化社会になっていて、相応に災害への備えも強化されているのは分っていますが、被災経験者としてはどうしても現金を手元の金庫に持っておきたいと思う私なのでした。k_060